サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年6月22日

旧林家住宅

(きゅうはやしけじゅうたく)

旧林家住宅

種別

県指定有形文化財(建造物)

指定日

昭和54年3月2日

所在地(所有者)

旭市長部339-1(旭市)

概要

 この建物は、大原幽学の高弟だった匝瑳郡十日市場村(現旭市)の名主役を勤めた林伊兵衛が、幽学の指導を受けて天保15年(1844)に建てたものである。林家は、篤農家であるとともに、酒造業も営んでいたという。昭和63年(1988)に、同地より現在の場所に移築復原された。

 茅葺、寄棟造で母屋は間口7間半、奥行4間半、書院は間口4間、奥行3間である。この住宅は、押入などの収納場所が多く、採光通風に工夫をこらし納戸部分でも明るくし、納戸裏に廊下を設け屋内の行き来に配慮し、太い梁を使い柱を減らしているなど、全体に合理的で開放的な造りになっていることが特徴である。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?