ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年6月22日

千葉教会教会堂

(ちばきょうかいきょうかいどう)

千葉教会教会堂

種別

県指定有形文化財(建造物)

指定日

昭和50年12月12日

所在地(所有者)

千葉市中央区市場町9-20(日本キリスト教団千葉教会)

概要

 明治12年(1879)に伝導を開始し、同19年(1886)に講義所を設けたのがこの地における布教の始まりである。

 この教会堂は、明治28年(1895)夏に着工し、同年10月7日に献堂式(竣工式)がおこなわれた明治の本格的洋風教会堂である。構造は、木造平屋建で一部に塔屋が付いており、屋根は桟瓦葺で、一部は鉄板葺となっている。基礎は煉瓦及び石造で、外部は洋風下見張である。

 当初は、現在の塔屋の位置にベルを備えた塔屋があったが、明治44年(1911)7月の台風で崩れ、その後現在の姿になった。建築設計者は、国指定重要文化財の「同志社クラーク記念館(旧クラーク神学館)」(京都市)を設計したドイツ人ゼールで、工事は東京の大工に請負わせたという。

 本県に残る数少ない明治期の教会建築の中でも、ひときわ意匠がすぐれ、かつ建築家ゼールを知るための資料としても歴史的価値の高い貴重な建築である。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?