サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年6月22日

旧平野家住宅

(きゅうひらのけじゅうたく)

旧平野家住宅

種別

県指定有形文化財(建造物)

指定日

昭和47年1月28日

所在地(所有者)

成田市大竹1451(千葉県)

概要

 平野家は、富津市亀沢で農業を営み、江戸時代には代々名主役を務めた旧家で、この住宅は、千葉県に寄贈されたあと、千葉県立房総のむら(旧風土記の丘)敷地内に移築公開されている。

 間口10間、奥行5間、茅葺寄棟造で、土間は根太天井とし中二階を設ける。広々とした板敷の「ちやのま」には、小屋梁を受ける独立柱が立ち、「ちやのま」の北に「仏間」「なんど」を設けている。上手に「式台」「げんかん」「八畳」「おく」の接客用の部屋を配して、各間とも棹縁天井で、長押しを廻している。また、「ざしき」「おく」の境には欄間を入れ、「おく」には床・棚、書院を付けている。

 来客のもてなしに重点がおかれ、式台つき玄関や二間つづきの客座敷の豪華さや、建物の四方の軒が桁を前方に持ち出した「せがいづくり」で軒の張り出しが大きく、そそり立つような屋根の量感が強調された構造であることなどが特徴的で、類例が少ない。

 建築年代は、解体修理の際に、柱に寛延4年(1751)2月という墨書が発見されたことから、江戸時代中期のものということが判明している。建坪は約58坪、191.47平方メートルで、当時の農家建築としては大規模であり、当時の名主の生活をしのぶことができる。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?