ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年7月7日

神野寺本堂

(じんやじほんどう)

神野寺本堂

種別

県指定有形文化財(建造物)

指定日

昭和42年3月7日

所在地(所有者)

君津市鹿野山324(神野寺)

概要

 神野寺は、海抜353mの鹿野山の山頂近くに位置し、開山は、寺伝によれば推古天皇の時代(592~628)に聖徳太子と伝えられる。

 本堂は、方五間の堂で、銅板瓦棒葺の屋根が2階のように見える重層入母家造である。正面と背面に唐破風の向拝を付け、正面3間・側面2間・裏面に双折桟唐戸とを設けている。正面と裏面に階段をつけ、その階段及び回縁には手すりを設置して重厚・荘厳な外観を呈している。

 内部の外陣は板張りで、内陣の床は密教建築の手法に則り外陣よりも高くし、回り廊下をつくり腰高障子で仕切っている。天井は格天井で、内陣中央には唐様・重層の宮殿が安置され、きらびやかさは目を奪うものがある。

 現在の本堂は、棟札によって、江戸時代中期の宝永5年(1708)7月9日に再建に着手し、同7年(1710)に完成したことが判明している。木割りの雄大さや施工技法に優れており、本県における江戸時代中期の仏堂建築の好例ということができる。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?