サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年10月23日

石堂寺山王宮

(いしどうじさんのうぐう)

石堂寺山王宮

種別

県指定有形文化財(建造物)

指定日

昭和41年12月2日

所在地(所有者)

南房総市石堂302(石堂寺)

概要

山王宮は、古くから山王社と称し、石堂寺の鎮守として日吉神社を勧請して祀ってきたもの。社殿は覆い屋の中に安置され、全体を敷土台の上に組み立てた軒幅、総高共3.8mの小祠。三間社流造で屋根は板葺。向拝の組物、蟇股、木鼻は中世末期の地方的装飾様式を示し、主屋の獏頭様の木鼻、大瓶束上の組物、懸魚にも同様の特色がうかがえる。建築年代については、棟札、墨書等の資料はないが、様式・手法から室町時代末期から桃山時代と推定される。廻縁の勾欄や床板の一部が破損し、全体に軸組のゆるみが認められたので昭和51年(1976)に修理を行った。その時に、軒の正面や背面、向拝の一部に朱色の彩色が認められたため、修理を機に朱色の社殿に復元された。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?