ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年10月23日

鯛の浦タイ生息地

(たいのうらたいせいそくち)

鯛の浦

種別

特別天然記念物

指定日

大正11年3月8日

所在地(管理者)

鴨川市小湊(鴨川市)

概要

マダイはスズキ目タイ科の魚で、北海道から台湾、中国まで分布している。鯛の浦タイ生息地は、内浦湾の誕生寺前の海岸から約100mの蓮華潭岩礁とその南方海上1kmあまりの伊貝島、そして弁天島周辺の約200haの海域で、世界有数のタイ群生地である。

マダイは本来、岸からあまり遠くない岩礁地帯の海底付近に生息し、群れをなすことは少ない。しかし、ここのタイは水深10~15mという浅い海に群れをなして生息しており、これは極めて珍しい生態である。

日蓮聖人のゆかりの聖地であり、生誕にまつわる不思議なできごととして「三奇瑞」が語りつがれている。その一つとして、マダイは日蓮聖人の誕生を祝福し、岩間より真清水が湧き出で、鯛の浦周辺に真鯛が浮上し踊りでたと言い伝えられている。

代々禁漁が守られ、明治36年(1903)に漁業法に基づいた禁漁区となった。現在は、小湊妙の浦遊覧船協業組合により遊覧船が運航されており、タイが群れをなして泳ぐ姿を鑑賞することができる。また、誕生寺内にはタイ供養碑が建立され、鯛の浦会館には資料が展示されている。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?