ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年3月1日

犢橋貝塚
(こてはしかいづか)

犢橋貝塚

種別

国指定史跡

指定日

昭和56年12月9日

所在地

千葉市花見川区さつきが丘1-18

概要

 犢橋貝塚は、東関東自動車道宮野木ジャンクション近くの、標高約26mの台地上に位置する馬蹄形貝塚である。台地は全体として舌状に張り出した形をしているが、貝塚は台地の先端部ではなく、張り出した付け根の部分に位置している。貝塚の規模は東西約200m、南北約160mで、北東側と南西側の一部は貝層がとぎれている。いわゆる馬蹄形貝塚に分類されるが、この貝塚は厳密にいうと向かい合う2つの弧状の貝塚からなっている。

 東京に近いことから、明治時代から「遠足会」とよんだ遺物採集会が考古学者によって行われているが、本格的な発掘調査は昭和26年(1951)、31年(1956)、39年(1964)の3回にわたり明治大学、東京学芸大学や千葉大学によって行われ、縄文時代後期、晩期の貝塚であることが明らかとなった。

 貝層を構成する貝はハマグリを主体にアサリ、オキシジミ、キサゴなどの鹹水(かんすい)産貝類で、獣骨はシカが最も多く、サル、タヌキなども出土し、イヌの埋葬骨も発見されている。

 現在、さつきが丘団地内の緑地公園として保存され、市民のいこいの場となっている。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?