ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年3月1日

月ノ木貝塚
(つきのきかいづか)

月ノ木貝塚

種別

国指定史跡

指定日

昭和53年3月16日

所在地

千葉市中央区仁戸名町289-1ほか

概要

 月ノ木貝塚は、千葉市の中心部を流れる都川の支流に面した標高約25mの台地上にある。東西150m、南北200mの範囲に貝層が分布する馬蹄形貝塚である。昭和26年(1951)に、千葉市史編さんのために貝塚全体の地形測量と、貝塚の北東部分で約10平方メートルの発掘調査が行われている。

 その当時は北側に開く馬蹄形の貝塚と考えられていたが、平成3年(1991)に千葉市教育委員会によって行われた貝層分布調査で、東側に開く馬蹄形貝塚であることが判明した。月ノ木貝塚の貝層の厚さは1.2~1.5mであるが、中央の広場状の凹地に向かって次第に薄くなり、中央凹地部分には貝や遺物は散布していない。

 昭和26年の発掘調査では、約4,500年前の縄文時代中期の竪穴住居跡が4軒検出され、加曽利E式とよばれる土器とともに、打製石斧や磨製石斧、耳飾りなどが出土している。貝類はハマグリ、キサゴ、アサリ、シオフキなどの内湾の浅い海の砂泥にすむ貝で、同時に鳥、魚、獣の骨やクジラの脊椎骨も出土している。ハマグリはほとんどが小型で、大きなハマグリは取りつくされ、小さいハマグリしか採取できなくなっていたことを物語っている。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?