ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年8月8日

愛染不動感見記

(あいぜんふどうかんけんき)

愛染不動感見記

種別

重要文化財(古文書)

指定日

昭和43年4月25日

所在地(所有者)

安房郡鋸南町吉浜453-1(妙本寺)

概要

 日蓮聖人が感得した愛染明王と不動明王を自ら描き、弟子に与えたもので、2幅からなる。

 「愛染感見記」(写真)は、縦31cm、横50cmで、中央に愛染明王を描いたもので、右に「生身愛染明王拝見正月一日日蝕之時」、左に「自大日如来至日蓮廿三代嫡々相承健長六年廿五日日蓮授新仏」と記されている。

 一方「不動感見記」は縦31.3cm、横50cmで、中央に不動明王を描き、右に「生身不動明王拝見自十五日至十七日」、左に「自大日如来至日蓮廿三代嫡々相承建長六年六月廿五日日蓮授新仏」となっている。建長6年(1254)といえば、日蓮上人が開宗を宣言した翌年にあたり、聖人壮年期の希少な筆跡として注目される。これらを伝える妙本寺は、日蓮聖人の孫弟子にあたる日郷が康永年間(1342~45)に開基した寺でもある。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?