サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年8月1日

刀 無銘吉岡一文字

(かたな むめい よしおかいちもんじ)

無銘吉岡一文字

種別

重要文化財(工芸品)

指定日

昭和30年2月2日

所在地(所有者)

千葉市美浜区(個人)

概要

 長さ72.8センチメートル、反り2.6センチメートルの、反りの大きな優れた姿を伝える名刀である。

 吉岡一文字とは、鎌倉時代中期に備前(岡山県)におこった刀工一派の名称で、室町時代初期にかけて優れた作品を残している。一文字は、茎の中央近くに太鏨で「一」の字を切ってあることからそう呼ばれ、他に福岡一文字、正中一文字、片山一文字などの系統もある。

 造りは鎬造り、庵棟で、磨上無銘となっている。鍛えは小板目肌で、目はよくつまり、地肌に白く影のように見える乱れ映りがみごとである。刃文は、はばき元の中ほどまでは小丁子乱で、中ほどからは丁子乱が重花となっているなど、刃文はたいへん変化に富んでいる。刃縁の線は細くしまっており、一文字派独特の豪華絢爛さをかもしだしている。

 この刀は上杉家伝来の名刀で、「景勝公おてえらび御手撰三十六腰」の1口として知られているが、鍔の位置に近い部分に打ち合った時にできた刃こぼれが認められ、実戦に使用されたことがうかがえる。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?