サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年8月8日

梅樹双雀鏡

(ばいじゅそうじゃくきょう)

梅樹双雀鏡

種別

有形文化財(工芸品)

指定日

昭和28年11月14日

所在地(所有者)

長生郡一宮町一宮3048(玉前神社)・千葉県立中央博物館大多喜城分館保管

概要

 直径20.5cm、縁の厚さは3.5cmで、鈕は素円、縁は蒲鉾形の白銅(銅と錫を合わせた合金)製の鏡である。縁に接して2個の小さな穴があるのは、この鏡がかつて御正体(神体)として神前に懸けられていたことを示すものと推測される。

 鏡の背面は、内外両区にわたって下部には若草の萌える洲浜に流水をあしらい、その右寄りに老梅を描き、左に大きく曲った幹の上に2羽の雀がたわむれている姿を表わし、洲浜の左片隅には立ち枯れのススキ1株が添えられている。

 のどかな春の情景が写実的に描かれている図様は日本的趣向にあふれ、菊花文とともに鎌倉時代に好まれた絵柄である。この時代には平安時代のような草花、花枝の文様とは異なり、梅樹、桜樹などの樹木を背面全体に表すものが多く、重厚さも加わるようになった。

 本品は、鎌倉時代の作であるが、鋳成も良く、わが国の和鏡の中でも優れたものの一つである。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?