ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年8月9日

銅造千手観音立像

(どうぞうせんじゅかんのんりゅうぞう)

銅造千手観音立像

種別

重要文化財(彫刻)

指定日

昭和59年6月6日

所在地(所有者)

館山市那古1125(那古寺)

概要

 像高約105cmで、42の手を持つ。頭部から体躯の中心部は一度に鋳造し、合掌手と宝鉢手は別に鋳造し、肩の部分で取り付けている。左右の手は前6手、中7手、後6手と3段に分け、前後の手を中段に釘で止め、中段を体部に差し込んでいる。髪は一本一本毛筋を立て写実的な描写がなされている。顔は目、鼻、口を集中させ、ほほに張りを持つきびしい表情であるが、生命力を感じさせる。手の多い難しい姿であるにもかかわらず、バランスも整い、鋳上りも優れていて、当時の鋳造技術の高さもうかがい知ることができる。像の脇のつなぎ目に「平胤時」の刻銘があり、これは「吾妻鏡」にその名をみる千葉八郎胤時と考えられ、鎌倉時代初期の造像であることが確認でき、この時期の東国武士の信仰による確実な造像例として貴重である。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?