ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年10月23日

木造大日如来坐像

(もくぞうだいにちにょらいざぞう)

木造大日如来坐像

種別

重要文化財(彫刻)

指定日

昭和16年11月6日

所在地(所有者)

長生郡睦沢町妙楽寺500(妙楽寺)

概要

 1本のカヤ材から造った像を、分割し、再度つなぎ合わせた一木割矧造(いちぼくわりはぎづくり)である。表面は漆箔仕上げで、像高は279cm。当初は頭体幹部を竪1材から彫出し、耳の後で前後に割り、内刳を施したようであるが、現在は後側がスギ材に替わっている。体幹材の下腹部に1材をはさみ、内刳(うちぐり)をした両脚部に横1材を寄せ、両手は肩、肘、手首でつなぎ合わせるが、腕は木目に沿って割り、内刳を施している。

 頭部は螺髻(らほつ)を結い、天冠台は紐2条と列弁文様から立ち上がる文様のない冠があり、鬢髪(びんぱつ)が耳の上をわたり、また白毫相(びゃくごうそう)を表す。両腕に2条と列弁文を描いた釧(うしろ)と呼ばれる腕輪を着け、手は右手の掌を上に重ね両方の第1指の先を接する法界定印(ほうかいじょういん)を結び、右足を外にして結跏趺坐(けっかふざ)する胎蔵界(たいぞうかい)の大日如来の印相である。光背も周縁を紐2条と列弁文で飾る二重円相光背で、円相のまわりには、天衣を翻す12躯の音声菩薩と頂上に大日如来像を配している。

 像内に、胎蔵界大日如来法身真言などの梵字の墨書が8行にわたり書かれている。豊かな胸部や、太い腕など全体的に温和な作風を示し、丈六の巨像としては全体のバランスが良くとれた作品である。平安時代後期の定朝(じょうちょう)様式の系譜にあり、当時の巨像の流行が関東にも及んでいたことがうかがえる。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?