ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年8月9日

絹本著色普賢延命像

(けんぽんちゃくしょくふげんえんめいぞう)

絹本著色普賢延命像

種別

重要文化財(絵画)

指定日

昭和50年6月12日

所在地(所有者)

匝瑳市横須賀1294(長徳寺)

概要

 普賢菩薩は、正式には普賢延命菩薩で、天台宗の息災延命を祈る修法の本尊で、文殊菩薩とともに釈迦の脇侍として知られる。法華経「普賢菩薩勧発品」では、法華経を行ずるものの前に6本の牙を持つ六牙の白象に乗って現れると説かれている。この図像は、金輪に乗る4頭の白象が支える蓮華座に、手が20本に描かれた普賢菩薩が坐る姿である。大きさは、縦135cm、横60cmである。

 普賢菩薩の顔は、目尻をいくぶん上げ、小さな口元の表現によって静寂さがただよう表情をしている。それぞれの手には、如意輪・羯磨・五鈷杵などの法具や甲冑・剣などの持物を持っている。象にはそれぞれ6本の牙が描かれている。普賢菩薩の肌には金泥が塗られ、朱線で隈取りされ、条帛は朱地で切金が施されている。

 描法や彩色の技法に鎌倉時代後期の特徴があり、優れた密教絵画である。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?