ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年9月29日

泉福寺薬師堂

(せんぷくじやくしどう)

泉福寺薬師堂

種別

重要文化財(建造物)

指定日

昭和52年6月27日

所在地(所有者)

印西市岩戸1671(泉福寺)

概要

 泉福寺薬師堂は、正面を東南東に向けた、和様と禅宗様の手法を取り入れた折衷様式の方三間堂で、屋根は茅葺寄棟造である。柱は、すべて丸柱で、創建時の痕跡をとどめているが、板壁以外の板戸などの建具は、創建当初のものではない。

 堂内部は、前1間通りを外陣とし、後を内陣としており、現存の構造や痕跡から、かつて中敷居を入れた建具があったと推定される。内陣は、側柱筋から後へ寄せて須弥壇の背後に立つ2本の来迎柱を建てている関係で、来迎壁、須弥壇とも後方に移って内陣の空間が広くなっている。

 泉福寺は、縁起等の資料が残っていないため、開基や沿革は明らかになっていないが、薬師堂の建立年代は建築手法から室町時代末期と考えられている。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?