サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年12月7日

旧尾形家住宅

(きゅうおがたけじゅうたく)

旧尾形家住宅

種別

重要文化財(建造物)

指定日

昭和44年6月20日

所在地(所有者)

南房総市石堂301(南房総市)

概要

 尾形家は、丸山町(現在の南房総市)珠師ヶ谷で名主を務めたこともある旧家。この建物は、南西諸島から南関東の太平洋岸に広く分布する分棟型と呼ばれる形式で、居間、座敷、寝室等からなる主屋と、かまや、作業場として使用される土間とがそれぞれ棟を別にして建てられているところに特徴がある。主屋は、間口6間半、奥行4間半で6室からなるが、「なんど」が大きいため「いま」がL字型になっているのは本県では数少ない例であり、江戸時代の大型農家の間取りの一典型として貴重なものといえる。国の重要文化財の指定後に町に寄贈され、昭和46・47年度(1971・1972)に現在地に移築復原された。その際、享保13年(1728)の墨書が発見され、建築年代が確認された。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?