ここから本文です。

更新日:平成26(2014)年12月18日

国際バルク戦略港湾の選定について

平成23年5月31日に、木更津港を拠点港として、超大型鉄鉱石運搬船による全国連携港湾との共同配船を実現するという本県の提案が評価され、「国際バルク戦略港湾検討委員会」の検討を経て、国土交通大臣から「国際バルク戦略港湾」に選定されました。

本県では、鉄鉱石の安価かつ安定的な海上輸送を実現し、国際競争力の強化を図るため、今後、提案の具体化に向けて関係機関と調整を図っていきます。

1 「国際バルク戦略港湾」の趣旨

世界的に資源・エネルギー・食糧等の国際バルク貨物の獲得競争が激化している中、これらの物資の安価かつ安定的な輸送を実現するため、大型船による一括大量輸送の拠点となる港湾として、鉄鉱石、穀物、石炭のそれぞれについて、国土交通大臣が選定するもの。

2 「国際バルク戦略港湾」として選定された港湾

  • (鉄鉱石) 木更津港、水島港・福山港
  • (穀物) 釧路港、鹿島港、名古屋港、水島港、志布志港
  • (石炭) 小名浜港、徳山下松港・宇部港

3 本県が提案した計画の概要

(1)事業概要

平成32年を目標にVLOC船(注)の入港を可能とするために、木更津航路の水深を-23mまで増深する。(現況-19m)

(注)VLOC船:Very Large Ore Carrierの略:超大型鉄鉱石運搬船

<1>目標整備年次:平成32年度(予定)

<2>事業規模:航路浚渫約1,500万立方メートル

岸壁整備約420m

※具体的な事業内容については、今後関係機関と調整を図っていきます。

(2)立地企業

新日鐵住金株式会社 君津製鐵所

(3)共同配船とは、ファーストポートの木更津港で一部荷卸しし、喫水を浅くした状態で、セカンドポートの共同配船想定港に入港すること。

共同配船想定港

  • 千葉港、川崎港
  • 鹿島港、和歌山下津港
  • 東播磨港
  • 呉港
  • 室蘭港、名古屋港、北九州港

baruk2

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:県土整備部港湾課企画班

電話番号:043-223-3843

ファックス番号:043-227-0928

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?