千葉県 Chiba Prefectural Government

チャンネル

閉じる

更新日:令和4(2022)年2月28日

ここから本文です。

くらし・福祉・健康

移住者インタビュー動画

令和4年2月28日掲載

再生時間:10分22秒

東京への近接性や豊かな自然など、移住を検討されている方が求める様々なライフスタイルに対応できる本県の魅力を紹介します。

動画の内容

1組目 結婚・出産を機に柏市に移住した河野さんご夫妻

・移住のきっかけ

子供ができたので、子供中心の生活になってくるかなとお互い話し合って、子供(中心)で行くとなると車が必要になるので、駐車場代とかも考えて、やはり都内だと住みづらいし、道路も狭くて運転もしづらいので、郊外に家を構えちゃった方がいいのかなと思い、移住を決めました。

・実際住んでみた感想

物価とかは変わらないと思いますが、土地が安いので、駐車場代も安いし、広さも広いので運転がしやすく、のびのび生活できています。

・どんな場所を探したか

二人とも東京で働いていて、東京へのアクセスがどれだけ短くなるかというのが(移住先を決める)ポイントでした。この辺だと30分くらいで東京のハブステーションに出られるので、そう考えると、ほとんどもう2、3個くらいしか候補がありませんでした。その中でも新しい町で、子育てに向いている所が柏市でした。

大きい公園も近くにたくさんありますし、子供を育てたりするのに、遊ぶ環境というのは大事だと思っていました。スーパーでもベビーカーですれ違うことができます。都内では(すれ違いができず)ストレスになってしまうので、広い方がいいなと思っていました。あとは多少ぎゃあぎゃあ泣いても大丈夫かなと思いました。都内でマンションとなるとお隣さんがどうしても気になって、窓が開けられないですが、(郊外なら)泣きたいときは泣けよと自由に過ごさせることができます。

・移住してどのような変化があったか

住んでいたところは飲み屋が多く、酔っ払いがすごく騒いだりしていましたが、こっちだと鳥の囀りが聞こえてきて起きるなど、(環境が)全然違います。子供にとって良い環境だと思います。

・これからの暮らしについて

やはり、年齢は高くないです。皆さん子供が生まれたりして、同じような気持ちの人が集まって子育てをしやすい町ができているので、そういった町と一緒に育っていけたらいいなと思っています。自信をもって子供がふるさとと思ってくれるような街になっていったらいいなと思っています。

2組目 いすみ市に移住しサーフィンに打ち込む福原麦さん

・移住のきっかけ

中学1年生の頃、目の病気になりました。東京にいましたが、何もやりたいことがありませんでした。お世話になっている方がいすみ市でサーフショップを開いているというので、そこに呼んでいただいたことが、いすみ市に住み、サーフィンをするきっかけになりました。

・実際住んでみた感想

東京も生まれ育ってずっといた場所ですが、(いすみ市には)またちょっと違った町の温かさがありました。自然や海が近くにあり、周りの方もとても温かくて住み心地が良く、(いすみ市に)惹かれました。外に出ると、初めて会った人なのにずっと知ってたかのような対応をしてくれたり、野菜をくれたり、そういうことが多くて、いい(場所だ)なと思いました。

自分は一人でいすみ市に来たので、さみしい部分もありましたが、周りの人たちが色々と協力してくれるので、(移住したことを)後悔しないですし、ずっといすみ市にいたいなと思っています。

・移住してどのような変化があったか

(移住してきた)最初の頃は何かに追われてい(る感じがしてい)たんですけど、いすみ市で過ごしていると、心が落ち着いて、ストレスもあまりない環境になりました。

東京もいいなと思いますが、田舎は田舎で周りの人が温かいし、自然も多いし、温かい町だと感じています。東京はたまにで、いすみ市をメインにしたら、ストレスやプレッシャーもあまりなくなるのかなと思います。

3組目 茂原市に移住し、子育てをしながら行政事務所を立ち上げた吉田真由美さん

・移住のきっかけ

二人とも東京で働いていて、都内のマンションで暮らしていましたが、田舎暮らしとか、土のある生活、野菜を育てたりしたいと考え、時々、田舎体験(として)、秋田の方に行っていました。

・どのように家を決めたか

いくつか不動産屋さんを回りましたが、最終的にはインターネットで物件を紹介している不動産屋さんのサイトを見つけました。家の前に大きな池があって、ウッドデッキのある家を見つけ、いいなと思ったのがきっかけで、この家(を見)に来ました。実際に(見に)来たらとてもいい感じだったので、(移住先に)決めました。

・実際住んでみた感想

最初はやはり電車の本数が少なく、乗り遅れたら30分待たないといけないということが気になったのですが、だんだん急がなくてもいいじゃないかと思うようになりました。また、色々なところに並ばなくても行けるじゃないかと、いい所も目につくようになり、今は快適に暮らしています。

子供ができたことで、地域とのつながりができたというのが大きかったです。私も何か地域で仕事をしたいと思い、会社に通うのではなく、資格の勉強をしました。今は仕事が自分のペースでできるようになったので良かったと思っています。

・移住してどのような変化があったか

東京だと保育園に預けるのもすごく大変で、会社を辞めたら働くこともできないというイメージがありましたが、調べてみると就職活動の間、一箇月は預かってもらえるという(制度があり)、私も保育園に預けた時は、仕事も決まっていない状況でした。保育園に預けて、一箇月の間で仕事を見つけましたが、保育園に預けている間に私の考えも少し変わり、自分で何かできたらいいなと思うようになり、資格の勉強をして自分で仕事を始めました。

・移住を通してどのように感じたか

私も最初はもし行ってみて、合わなかったらやめればいいやとか、戻ればいいやという気持ちでしたが、気が付いたらもう20年近く(茂原市に住んで)います。最初はそんなに深く考えなくてもいいのかなと思います。週末だけ(滞在する)とか、アパートを借りてどんな生活かを見てみるとか、そういう感じでもいいのではないかと思っています。

また移住したことによって、気持ちの変化があったり、やりたいことが見つかったりするかもしれないので、まずは、どんな所か見に来るところから始めてもいいのかなと思います。

新着動画一覧 新着動画をお見逃しなく!!

くらし・福祉・健康に関する「ウィークリー千葉県」

お問い合わせ

所属課室:総合企画部地域づくり課地域活性化室

電話番号:043-223-2447

ファックス番号:043-227-0146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?