ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年4月12日

電子納品(農業農村整備事業)

電子納品の対象範囲

工事

対象:すべての工事(営繕に係る工事も含む)

※営繕に係る工事の電子成果品は営繕課の電子納品運用ガイドラインに基づき作成しますが、電子媒体副本は耕地課所管工事として登録します。

※管理的委託業務(除草、清掃、点検等)については、工事とみなします。

委託業務

対象:すべての委託業務(ただし、次に掲げるものを除く)

対象外:管理的委託業務(除草、清掃、点検等)、補償業務(家屋調査等)、換地業務(測量業務を除く)

※換地業務と測量業務を併せて発注する場合は、その測量業務については電子納品の対象となります。

要領・基準類

農業農村整備事業の電子納品に係わる要領・基準類については、農林水産省の要領・基準類を適用します。

電子納品運用ガイドライン

「電子納品運用ガイドライン(案)[農業農村整備事業編]」を改訂しました。

平成30年4月適用の運用ガイドライン(案)は、下記からダウンロードできます。

以前の運用ガイドライン(案)はこちら。

協議チェックシート

電子納品を円滑に進めるためには、受発注者間の事前協議等が重要な役割を担います。
協議チェックシートを作成しましたので、各種協議に有効に利用してください。
各種協議チェックシートは下記からダウンロードできます。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:農林水産部耕地課基盤整備室

電話番号:043-223-2847

ファックス番号:043-225-3789

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?