サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年3月13日

ミティゲーションとは?

農業農村整備事業における環境との調和への配慮は、ミティゲーション5原則(環境配慮の5原則)に基づき行います

項目

具体例

回避

行為の全体又は一部を実行しないことにより、影響を回避すること

湧水池の保全

湧水など環境条件がよく、繁殖も行われているような生態系拠点は、現況のまま保全

最小化

行為の実施の程度又は規模を制限することにより、影響を最小とすること

生態系に配慮した水路

水辺の生物が生息可能な自然石及び自然木を利用した護岸とし、影響を最小化

修正

影響を受けた環境そのものを修復、復興又は回復することにより、影響を修正すること

魚道の設置

落差工により水路のネットワークが分断されている状況を魚道の設置により修正

影響の軽減/除去

行為期間中、環境を保護及び維持することにより、時間を経て生じる影響を軽減または除去すること

一時的移動

環境の保全が困難な場合、一時的に生物を捕獲・移動し、影響を軽減

代償

代償の資源又は環境を置換又は供給することにより、影響を代償すること

代償施設の設置

多様な生物が生息する湿地等を工事区域外に設置し、同じ環境を確保

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部耕地課事業計画室

電話番号:043-223-2859

ファックス番号:043-225-3789

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?