サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年3月16日

(八千代市)なりたみちの道標

内容

  • 住所:八千代市大和田新田(俗称・新木戸)地先

なりたみちの道標の写真

江戸時代初期に佐倉城主となった土井利勝が江戸から佐倉までの道を開き、「佐倉道」と呼ばれました。

街道筋は宿場として発達し、特に中期以降は成田山への信仰が流行し、俗に「成田道」と呼ばれるようになりました。

この道標は文政3年(1820)9月に品川宿(現・東京都品川区)の和国屋という宿屋が建てたもので、正面に手の矢印と「なりたミち」左側に「左  米もとミち」と刻まれ、左手の道を行くと米本へ通じます。

(現在、郷土博物館の前庭に展示しています)

出典・問い合わせ先

  • 出典:「八千代市の文化財9版」
  • 問い合わせ先:八千代市外部サイトへのリンク

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:環境生活部県民生活・文化課文化振興班

電話番号:043-223-2406

ファックス番号:043-221-5858

※内容については、お手数ですが「問い合わせ先」の各市町村へお問い合わせください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?