サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年3月16日

(勝浦市)日蓮聖人消息断簡

内容

  • 市指定文化財(昭和58年8月1日指定)
  • 勝浦市市野川60(所有者:妙提寺)

日蓮聖人消息断簡の写真

日蓮聖人は建長5年(1253)日蓮宗を開宗し、文応元年(1260)立正安国論を著して幕府に献策したことで伊豆に配流されたり文永8年(1271)には佐渡配流ともなった。後の同11年免罪以後は甲斐国身延山に隠棲して信徒を教養し法華経を弘通(ぐつう)した。

断簡(きれぎれにされた日蓮聖人の御真筆の一部)は、信仰の厚い人々が聖人の真筆を大切に保持するため消息文を分断して守護したと思われる書で縦26.9センチ、横5.6センチの和紙に残されている。

「を用されバ彼の機分に随しし葉らく妄語をなす与欠(与に欠で1字)」

2行22文字の短冊形で、意図するところの咀嚼(そしゃく)は困難としても近郷に残る自跡は希少で価値は大である。年代は建治、弘安のころである。これを所蔵する妙提寺は日持上人の教化により真言宗から改宗したが、他宗から圧迫を蒙り有名無実であった。

文明15年池上本門寺第8世、大連阿闇梨日調上人により中興開祖となる。

日調上人の生誕地は、現在の夷隅町大野といわれ、上総国へは数度にわたって巡教し法華経を弘通(ぐつう)、七ケ寺を開山した祖である。

出典・問い合わせ先

  • 出典:「勝浦市の文化財」
  • 問い合わせ先:勝浦市外部サイトへのリンク

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:環境生活部県民生活・文化課文化振興班

電話番号:043-223-2406

ファックス番号:043-221-5858

※内容については、お手数ですが「問い合わせ先」の各市町村へお問い合わせください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?