サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年3月16日

(いすみ市)海雄寺開山 慧鑑文書

内容

  • 市指定・書跡(平成4年3月19日指定)
  • 住所:いすみ市郷土資料館(所有:いすみ市万木133/海雄寺)

海雄寺開山慧鑑文書一幅の写真

画面が縦130センチ、横35センチの掛軸になっている。海雄寺はもと、岬町椎木にあったが、万喜城主、土岐爲頼が城下の現地に移し、僧慧鑑を招いて開山した城主の菩提寺である。この文書は、慧鑑が天正2年(1574)に爲頼公について記述した直筆で、土岐爲頼の存在を裏付ける資料として、また、夷隅町に現存する最も古い部類の文書として貴重なものである。慧鑑は爲頼公の名徳・治政を讃え「内に善政を施し、威権は遠隔の地に及ぶ。道徳を重んじ、仏教を崇敬し、自らもその妙義に精通した君主である」と述べている。

出典・問い合わせ先

  • 出典:「夷隅町の文化財(改訂版)」
  • 問い合わせ先:いすみ市外部サイトへのリンク(旧夷隅町)

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:環境生活部県民生活・文化課文化振興班

電話番号:043-223-2406

ファックス番号:043-221-5858

※内容については、お手数ですが「問い合わせ先」の各市町村へお問い合わせください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?