ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年3月16日

(勝浦市)植村家宝篋印塔

内容

  • 市指定文化財(昭和58年8月1日指定)
  • 住所:勝浦市出水1297(所有者:覚翁寺)

植村家宝篋印塔の写真植村泰忠は、天正18年徳川家康より3千石を賜り勝浦城主に封じられた。

泰勝・泰朝・忠朝・正朝と継ぎ領地1万石を受領して160余年(天正18年から寛延4年)にわたり勝浦に善政を行った。

植村氏の菩提寺、覚翁寺は寛永11年(1635)12月、3代泰朝が創建、境内に5代の墓塔がある。墓塔の一基には「善福院殿二位法印轉心不覚居士」、左面に「慶長十六年一月十九日七十三歳卒」、右面に「上総之国勝浦当城主植村土佐守源朝臣泰忠」、もう一基には「浄林院殿覚翁大居士」左右面に蓮華浮彫がある。

ほか3基は、「浄入院殿見宝宗悦大居士、植村帯刀源朝臣康朝寛文三年八月十四日」、左面に「或現小身丈六八尺」、右面に「或理大身湛虚空中」、背面に「上総之国夷隅郡伊保庄勝浦領主  真覚院殿前土州清岸澄大居士」、左面に「従五位下源朝臣忠朝」、右面に「元録九年十一月十六日」、背面に「上総之国夷隅郡伊保庄勝浦領主  真容院前土州実誉道恵文相大居士」、左面に「五位下源朝臣正朝」、右面に「享保十四年季十月二十七日」、背面に「上総之国夷隅郡伊保庄勝浦領主」と刻まれ、江戸時代の前期から中期のもので石造美術として優秀な作である。

出典・問い合わせ先

  • 出典:「勝浦市の文化財」
  • 問い合わせ先:勝浦市外部サイトへのリンク

 

 

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:環境生活部県民生活・文化課文化振興班

電話番号:043-223-2406

ファックス番号:043-221-5858

※内容については、お手数ですが「問い合わせ先」の各市町村へお問い合わせください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?