サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

報道発表案件

更新日:平成31(2019)年1月25日

平成30年度2月補正予算案の概要(企業土地管理局)

発表日:平成31年1月24日

企業土地管理局経営管理課

造成土地管理事業会計

「造成土地管理事業」の平成30年度2月補正予算は、土地分譲収入の精査や事業費の確定などに伴う補正を行うとともに、本年度末の残余資金から489億円を一般会計へ繰り出すこととし、下記のとおり2月補正予算を計上しました。

(1)収益的収支

入は、59億27百万円の増額となりました。
れは、検見川地区で入札により分譲収入が増額となったことなどにより、土地分譲収入を49億39百万円増額することなどによるものです。

出は、9億51百万円の減額となりました。
れは、千葉港中央地区や千葉北部地区において、土地の分譲が進んだことに伴い土地分譲原価を18億72百万円増額するものの、委託料などの減額により一般管理費を27億91百万円減額することなどによるものです。

(2)資本的収支

入は、1億11百万円の増額となりました。
れは、独立行政法人都市再生機構との資産分割により、交換差金が皆増となったことなどにより増額となったものです。

出は、488億75百万円の増額となりました。
れは、年度末保有資金見込額1,208億71百万円から将来支出見込額及び大規模災害対応経費留保額を差し引いた489億円を一般会計繰出金として計上したことなどによるものです。

(3)保有資金

保有資金は、土地の分譲が進み、それに伴う現金収入を見込む一方で、一般会計への繰出金を計上したことなどから、前年度末から274億70百万円減少し、719億71百万円になる見込みです。

(4)未処分土地の面積

未処分土地の面積は、分譲の促進等により、平成29年度末の約222ヘクタールから約37ヘクタール減少し、平成30年度末は約185ヘクタールとなる見込みです。

1正予算の規模

(単位:百万円)

区分

現計予算

2月補正

収益的収入

21,869

5,927

27,796

 

土地分譲収入

17,004

4,939

21,943

土地貸付収入

2,757

▲4

2,753

特別利益

0

1,011

1,011

収益的支出

24,755

▲951

23,804

 

土地分譲原価

13,153

1,872

15,025

一般管理費

10,329

▲2,791

7,538

 

修繕費

1,675

▲755

920

委託料

2,316

▲2,001

315

特別損失

193

▲31

162

資本的収入

4,252

111

4,363

 

固定資産売却収入

300

50

350

交換差金

0

61

61

資本的支出

4,622

48,875

53,497

 

千葉ニュータウン

公益施設負担金

1,620

▲25

1,595

一般会計繰出金

0

48,900

48,900

2減の主なもの

(1)収益的収入

  1. 土地分譲収入4,939百万円(既定とあわせ21,943百万円)
    見川地区や千葉北部地区等で分譲が進んだことで増額となりました。
    検見川地区2,595百万円(既定とあわせ3,356百万円)
    千葉北部地区1,137百万円(既定とあわせ5,571百万円)
  2. 特別利益1,011百万円(皆増)
    産種別の変更に伴い帳簿価格が増額となること等により皆増となりました。

(2)収益的支出

  1. 土地分譲原価1,872百万円(既定とあわせ15,025百万円)
    葉港中央地区や千葉北部地区等で分譲が進んだことで増額となりました。
    千葉港中央地区829百万円(皆増)
    千葉北部地区660百万円(既定とあわせ4,922百万円)
  2. 一般管理費2,791百万円(既定とあわせ7,538百万円)
    葉ニュータウン北環状線の廃棄物処理委託が実施できなかったことや、修繕費の確定などにより減額となりました。

(3)資本的収入

  1. 交換差金61百万円(皆増)
    葉ニュータウン事業における独立行政法人都市再生機構との共同施行解消に伴う資産分割により、交換差金が皆増となりました。

(4)資本的支出

  1. 一般会計繰出金48,900百万円(皆増)
    成30年度末の保有資金見込額(一般会計繰出金を除く)1,208億円から将来支出見込額669億円及び大規模災害対応経費留保額50億円を差し引いた489億円を一般会計へ繰り出します。

(参考)平成30年度末将来支出見込額

(単位:億円)

項目

将来支出見込額

工業用水道事業会計への出資金

180

公共施設負担金等

195

千葉ニュータウン公益施設負担金等

107

補償費

92

京葉線新駅設置費用

21

保有資産修繕

32

預り保証金

30

退職給付・賞与引当金

12

合計

669

3有資金

平成30年度は土地の分譲収入等の現金収入が360億1百万円見込まれるものの、一般会計繰出金などの現金支出が634億71百万円となる見込みであることから、保有資金は、前年度末から274億70百万円減少し719億71百万円となる見込みです

(単位:百万円)

平成29年度末

保有資金

A

平成30年度

平成30年度末

保有資金

A+B-C

現金収入

B

現金支出C

一般管理費等

一般会計繰出金

99,441

36,001

14,571

48,900

71,971

4処分土地

平成29年度末で約222ヘクタールあった未処分土地については、平成30年度は、新規分譲などにより約37ヘクタール減少し、平成30年度末で約185ヘクタールとなる見込みです

未処分土地の推移

(単位:ヘクタール)

H28年度末

H29年度末

H30年度末見込

326

222

185

資料

平成30年度2月補正予算案の概要(PDF:182KB)

 

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:企業局 管理部財務課予算第二班

電話番号:043-211-8565

ファックス番号:043-274-3236

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?