ここから本文です。

ホーム > 県政情報・統計 > 県のご案内 > 地域情報 > 地域づくり > 幕張新都心 > 幕張新都心にようこそ > 「幕張新都心若葉住宅地区・文教地区未利用地マスタープラン」について

更新日:平成31(2019)年1月28日

ページ番号:310563

「幕張新都心若葉住宅地区・文教地区未利用地マスタープラン」について

幕張新都心は、「職・住・学・遊」の複合機能が集積し、平成26年4月現在、約25万7千人が活動する街に成長しています。21世紀に対応する街として、更なる発展をするために、社会経済情勢の変化や多様なニーズを考慮して、平成20年4月文教地区未利用地の土地利用を見直しして、新たに「輝く人と街並みが融合する国際性豊かな街づくり」を基本理念に「文教地区未利用地マスタープラン」(土地利用基本計画)を策定しました。

また、平成22年7月には、前述のマスタープランで設定された、「質の高い居住機能や多様な機能の集積を図る用地」については、「幕張新都心若葉住宅地区」と名付けました。

今後、「幕張新都心若葉住宅地区」の土地処分を行っていくにあたり、より一層、魅力ある街となるように、平成26年7月に土地利用計画の見直しを行い、これに合わせて、マスタープランの名称変更を行いました。

【経緯】

  • 平成20年4月
    「幕張新都心文教地区未利用地マスタープラン」策定
  • 平成22年7月
    文教地区未利用地内の居住機能等の集積を図る用地について「幕張新都心若葉住宅地区」と名付ける。
  • 平成26年7月
    「幕張新都心若葉住宅地区・文教地区未利用地マスタープラン」に名称変更

【主な改定点】

「学校用地」及び「公益施設用地」と「住宅街区」を配置転換

1.マスタープランの概要

マスタープランは、文教機能をベースに計画戸数4千戸の居住機能等を新たに導入し、住み、学び、憩うための多様な機能の集積を図り、国内外の交流が活発に行われる「街」の土地利用としました。

目指すべき街づくりの方向性

「輝く人と街並みが融合する国際性豊かな街づくり」

➤多様な機能を活かした新たな魅力と活力の創出

➤国際化に対応した人材育成や交流の促進

➤周辺環境の連携・調和・ヒューマンスケールの街づくり

2.今後のスケジュール

詳細が決まり次第、ホームページでお知らせします

3.土地利用計画図

若葉住宅地区土地利用図

お問い合わせ

所属課室:土地管理部資産管理課事業推進室

電話番号:043-296-8925

ファックス番号:043-296-6463

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?