ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年2月16日

管内の感染症情報(夷隅感染症情報)

2018年:第1報

 2018年 第1週~第5週(1月4日~2月4日分)

注意!!インフルエンザが流行しています。

インフルエンザ警報の発令について(平成30年1月24日)

2018年第3週(1月15日~1月21日)の定点当たり患者報告数が61.05となり、国の定める警報基準値(30)を超えました。県は、インフルエンザの予防対策をさらに徹底するよう注意を喚起するため、「インフルエンザ警報」を発令しました。

インフルエンザは、突然の高熱、頭痛、関節痛など、普通の風邪に比べて全身症状が強く、気管支炎や肺炎などを合併し重症化することが多いので、体力のない高齢者や乳幼児などは、特に注意が必要です。

インフルエンザ警報の発令について(千葉県疾病対策課のページ)

 

インフルエンザの定点当たり報告数の推移(シーズン別)

 

 

インフルエンザの定点当たり報告数の推移(保健所別)

 

 

インフルエンザ型別迅速診断報告数の推移

 

管内でもインフルエンザが流行中です。学級閉鎖や学年閉鎖の措置をとる学校が増えています。

また、医療機関や施設においてもインフルエンザの集団感染が発生しています。

管内では第5週に209例(A型43例、B型160例、非鑑別キッド診断6例)の報告がありました。

定点当たりの報告数は、第4週の40から、第5週は41.8に増加し、B型の割合が76.6%と増えています。

学校や施設、医療機関等におかれましては、感染予防やまん延防止対策の徹底を図っていただきますよう、よろしくお願いいたします。

管内の高齢者施設でノロウイルス等による感染性胃腸炎の集団感染が発生しました。

平成29年4月から現在までに、管内の5施設(障害者施設1、保育施設2、高齢者施設2)で感染性胃腸炎の集団感染が発生しています。原因ウイルスは、ノロウイルスが4施設、サポウイルスが1施設です。

学校や施設等におかれましては、感染性胃腸炎の集団感染予防対策を徹底していただきますよう、よろしくお願いいたします。

また、集団発生を探知(複数名の患者発生時)した際には、速やかに保健所へ連絡くださるようお願いいたします。

全数把握感染症情報について

夷隅保健所管内の患者数

類別・疾患別集計表

区分

疾患

1-5週

累計(年)

1類感染症

-

-

-

2類感染症

結核

5

5

3類感染症

-

-

-

4類感染症

-

-

-

5類感染症

-

-

-

千葉県全域につきましては、千葉県感染症情報センターを御参照ください。

インフルエンザ

千葉県における第5週の定点あたりの報告数は63.98でしたが、夷隅保健所管内の報告数は41.8でした。

インフルエンザ迅速診断結果(第5週)

区分

総数

A型

B型

A&B型*

AorB型*

夷隅

209

43

160

0

6

A&B型:A型とB型両方陽性、AorB型:型非鑑別キットで陽性

中東呼吸器症候群(MERS)

各医療機関等におかれましては特に下記の点に注意願います。

  1. 発熱・呼吸器症状のある方は、必ず海外渡航歴(行先・日程)を確認してください。
  2. 発熱・呼吸器症状のある方には必ずマスクを着用させ、医療従事者も着用してください。(咳エチケット及び動線の確保)
  3. 医療従事者及び患者の手洗い・マスク等の予防対策を徹底願います。(飛沫感染及び接触感染防止対策)

御不明な点等につきましては、夷隅健康福祉センター健康生活支援課まで御連絡ください。(電話:0470-73-0145)

中東呼吸器症候群(MERS)について(厚生労働省のページ)外部サイトへのリンク

鳥インフルエンザ

鳥インフルエンザA(H7N9)について(厚生労働省のページ)外部サイトへのリンク

鳥インフルエンザについて(厚生労働省検疫所のページ)外部サイトへのリンク

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部夷隅健康福祉センター健康生活支援課

電話番号:0470-73-0145

ファックス番号:0470-73-0904

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?