ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年8月17日

生活保護

生活保護とは

生活保護制度は、病気やケガ、失業や働き手が死亡するなど、いろいろな事情のために生活が苦しくなって、あらゆる努力をしてもなお生活ができない場合に、国が困っている方の状況や程度に応じて、健康で文化的な最低限度の生活ができるよう、また、生活の向上が図っていけるよう援助する制度です。

保護の種類は

生活扶助、教育扶助、住宅扶助、医療扶助、介護扶助、出産扶助、生業扶助、葬祭扶助の8種類があり、生活状況に応じて、一つあるいは二つ以上の扶助を行います。

保護の決定は

暮らしや病気で困っている方から保護の申請を受けますと、その家庭に地区担当のケースワーカーが訪問し、生活維持のために活用できる資産や能力など実情を調査します。その上で、その家庭の収入と生活保護法に定める最低生活費を認定し、保護の基準に不足する分について保護を行います。

保護を受けるには

生活保護を受けるには、本人や家族などの申請が必要です。町にお住まいの方は町役場の福祉担当課、市にお住まいの方は市福祉事務所に相談ください。地区の民生委員に相談されても結構です。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部夷隅健康福祉センター生活保護課

電話番号:0470-73-0145

ファックス番号:0470-73-0904

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?