ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年7月6日

特定健診・特定保健指導について

~特定健診を受けましょう~

脱メタボシンボルマーク

日本人の死因の約6割は生活習慣病で、その半数はメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)関連疾患です。メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪型肥満をベースとして、高血糖、高血圧、脂質異常が複数重なった状態のことです。メタボリックシンドロームは自覚症状はありませんが、生活習慣を改善せずに放置すると、動脈硬化を進行させてしまう為、心臓病や脳卒中、その他重症な合併症(糖尿病の場合は人工透析や失明)などの重大な病気を引き起こす原因となります。生活習慣病予防のための特定健診・特定保健指導を積極的に利用しましょう。

特定健診・特定保健指導とは?

40歳以上75歳未満(※)の方を対象に、国民健康保険や健康保険組合等の医療保険者が、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した健診(特定健康診査)を実施し、メタボリックシンドローム該当者、あるいはその予備群とされた方に対して、生活習慣病発生のリスクに応じた保健指導(特定保健指導)を実施しています。

※平成21年4月から実施年度中に75歳になる75歳未満の方も特定健診・特定保健指導の対象者となります。

※ただし、特定保健指導については特定保健指導実施の際に75歳に達していない方に限られます。

→→→制度の概要とQ&A厚生労働省広報用資料(PDF:35KB)

■健診項目は?

問診票、身体計測、理学的検査、血圧測定、検尿、血液検査(脂質検査、血糖検査、肝機能検査)など

■千葉県における死亡総数に占める生活習慣病で死亡する人の割合

23死亡円グラフ

死因の上位は、1悪性新生物、2心疾患、3肺炎、4脳血管疾患、5老衰です。糖尿病は、死因の上位ではありませんが、重症化すると失明や腎不全、足の切断といった重篤な合併症をまねきます。特定健診でメタボリックシンドローム該当者、あるいはその予備群とされた方は、放置せずに生活習慣を改善しましょう。

また、受診をすすめられたら医療機関にかかり、医療中断をせず、治療を継続しましょう。

 

■千葉県の取り組み

県では、特定健診・特定保健指導の円滑な推進のため、各市町村等の支援を行っています。

1.市町村における各種健診(検診)

平成19年度までは、老人保健法を中心に、住民を対象にした各種の健診(検診)をまとめて実施している市町村が多くありましたが、平成20年度からは、各々の健診(検診)の実施責任者と実施対象者等が以下のように分かれます。

図をクリックすると拡大されます。↓

20各種健診
拡大画像(GIF:18KB)

※実施方法についてはお住まいの市町村にお問い合わせください。

75歳以上の方など、長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の対象となる方には、後期高齢者医療広域連合外部サイトへのリンクが実施主体となる健康診査が実施されます。

2.特定健診等についての問い合わせ先

詳細については、ご自身が加入している医療保険者にお問い合わせください。

医療保険者の種類については、お手持ちの保険証の保険者の名称をご確認ください。

主な医療保険者の種類

問い合わせ先

国民健康保険

住所地の市区町村国民健康保険担当課

全国健康保険協会管掌健康保険
(愛称:協会けんぽ)

全国健康保険協会支部

共済組合

各共済組合支部の事務局

健康保険組合

各健康保険組合事務局

政府管掌健康保険は

平成20年10月から「協会けんぽ」に変わりました。(PDF:3,320KB)

3.生活習慣病予防を支える人材育成事業
特定健診・特定保健指導人材育成事業

効果的な特定健診・特定保健指導を実施し、予備群・有病者を減少させることができるよう、当該事業に従事する医療保険者、市町村及び事業受託事業者等の医師、保健師、管理栄養士等の専門職及び事務職等の人材の質的向上を図るための研修を実施しています。

厚生労働省の「健診・保健指導の研修ガイドライン(平成30年4月版)」で示されたカリキュラムに準拠し、平成30年4月からは研修体系を以下のとおり変更しています。

平成30年度千葉県特定健診・特定保健指導研修計画(予定)(PDF:145KB)

<1>初任者研修

健診・保健指導事業の経験年数が1~2年目の従事者を対象とした研修です。

~~~~~平成30年度は修了しました(6月27日開催)~~~~~

平成30年度千葉県特定健診・特定保健指導初任者研修実施要領(PDF:239KB)

平成31年度については、日程が決まり次第掲載する予定です。

<2>経験者研修

健診・保健指導事業の経験年数が3年目以上の従事者を対象とした研修です。

平成30年度当該研修会は、9月11日(火曜日)、10月18日(木曜日)、10~11月(調整中)の3日間コースで開催予定です。

現在決定している内容については「平成30年度千葉県特定健診・特定保健指導研修計画(予定)」(PDF:145KB)をご覧ください。

研修の詳細が決まり次第、研修情報を掲載する予定です。

<3>運営責任者(事務担当等)研修・・・NEW!!

運営責任者(事務職担当者等)等を対象とした研修です。

8月24日(金曜日)開催、申込みは7月31日(火曜日)締切です。

平成30年度千葉県特定健診・特定保健指導運営責任者(事務担当等)研修実施要領(PDF:240KB)

事前課題<後日掲載予定>

申込書(エクセル:14KB)

会場案内(PDF:220KB)

<4>リーダー専門職研修・・・NEW!!

健診・保健指導の計画・評価に関わっている特定保健指導チームのリーダー的立場にある従事者を対象とした研修です。

8月24日(金曜日)開催、申込みは7月31日(火曜日)締切です。

平成30年度千葉県特定健診・特定保健指導リーダー専門職研修実施要領(PDF:245KB)

事前課題<後日掲載予定>

申込書(エクセル:14KB)

会場案内(PDF:220KB)

4.特定健診・特定保健指導に関するリンク

  1. 特定健診・特定保健指導に関する情報【厚生労働省ホームページ】外部サイトへのリンク
  2. 生活習慣病を知ろう!(健康日本21)外部サイトへのリンク
  3. メタボリックシンドロームについて外部サイトへのリンク
  4. 国立保健医療科学院のホームページ外部サイトへのリンク
  5. 社会保険診療報酬支払基金のホームページ外部サイトへのリンク
  6. 国民健康保険中央会のホームページ外部サイトへのリンク
  7. 健康保険組合連合会のホームページ外部サイトへのリンク
  8. 日本人の食事摂取基準外部サイトへのリンク
  9. 国立行政法人健康・栄養研究所「健康や栄養についての情報」外部サイトへのリンク
  10. 健康づくりのための身体活動基準・指針外部サイトへのリンク

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部健康づくり支援課地域健康づくり班  

電話番号:043-223-2403

ファックス番号:043-225-0322

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?