ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > 健康・医療 > 健康づくり・病気予防 > がん対策 > 千葉県がん対策推進計画について

更新日:平成26(2014)年6月26日

千葉県がん対策推進計画について

 千葉県がん対策推進計画について

がん対策基本法に基づき、「千葉県がん対策推進計画」を策定しました。「ちからを合わせてがんにうち克つちば」を目指して、県民と医療・福祉関係者、行政が協力し、総合的かつ計画的ながん対策を進めていきます。

計画の位置づけ

「がん対策基本法」(平成19年4月1日施行)第11条第1項の規定による、都道府県がん対策推進計画

計画の期間

平成25年度から平成29年度までの5か年

計画の概要

(1) 基本理念

『ちからを合わせてがんにうち克つちば』

(2) 全体目標

  1. がんによる死亡率を減らす。
  2. がん患者とその家族が、がんと向き合いながら、生活の質を維持向上させ、安心して暮らせる社会を目指す。

(3)数値目標

「がんによる75歳未満年齢調整死亡率の20%減少」(平成27年度まで)

(注)75歳未満年齢調整死亡率・・・年齢構成の異なる都道府県間で死亡状況の適正な比較ができるように年齢構成を調整した死亡率(人口10万対)。75歳以上の死亡数を除くことで壮年期死亡の影響を除きより正確な比較を可能とする。

施策体系の特徴

4つの分野に分け、対象を明確にして体系化 ※前計画は7つの施策分野

  1. 県民主体の予防、早期発見
  2. 患者への良質な医療提供
  3. 県民や患者の支援のための相談・情報提供・患者の生活支援
  4. がん対策全体の向上を支える研究等

重点施策

 千葉県の今後のがん医療は、急速な高齢化の進展に伴うがん患者の増加に、限られた医療資源のもとで、どのように対応していくかがより大きな課題となる。

 そこで、このような環境を踏まえつつ、がんから県民の生命及び健康を守り、がん患者がその人らしい生活を送れるよう、次の4つに重点を置いて施策推進を図る。

  1. すべての県民に分かりやすく使いやすい情報提供及び相談体制の充実
  2. 検診受診率向上への取り組み
  3. がん医療を担う人材育成と緩和ケアの推進
  4. 研究等の促進

計画の進行管理・評価

  1. 関係機関・関係者の役割分担(県民、保健医療福祉従事者、患者団体、事業者、保険者、教育機関、行政)
  2. 千葉県がん対策の推進体制(がん対策審議会を中心とする計画策定、進捗管理、評価・見直し等、がん診療連携協議会による県内のがん医療水準向上及び拠点病院等の連携推進)
  3. 計画の進行管理・評価(審議会や県民意見、PDCAサイクルの活用をふまえた推進) 

公表資料

パブリックコメント

「千葉県がん対策推進計画(素案)」に関する意見募集の結果の公表について

千葉県がん対策推進計画(前計画・平成20年~平成24年)

千葉県がん対策推進計画

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部健康づくり支援課がん対策班

電話番号:043-223-2402

ファックス番号:043-225-0322

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?