サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 相談・問い合わせ > よくある質問 > QA(くらし・福祉・健康) > QA(健康・医療) > 薬物を乱用していると、生まれてくる子供にも影響しますか。

更新日:平成29(2017)年11月13日

薬物を乱用していると、生まれてくる子供にも影響しますか。

質問

薬物を乱用していると、生まれてくる子供にも影響しますか。

回答

女性が妊娠中に薬物を乱用すると、胎児に影響し、死産、早産、奇形などの問題がおこる危険性があります。特に妊娠初期の3ヶ月間は、胎児の臓器や身体の形成期にあたるため、この時期に薬物を乱用すると、心臓や身体の奇形、知的障害などを起こす危険性が高いと言えます。薬物は胎盤を通して胎児の脳にも影響しますので、薬物中毒状態で生まれる場合もありますし、生まれた子どもが将来に薬物依存症になりやすい体質になっている可能性も否定できません。コカイン乱用者の母親から生まれた子どもに精神的な障害などが認められることがあり、また妊娠初期の飲酒により独特の奇形や知的障害をもつ胎児性アルコール症候群を引き起こすことは医学の専門家の間でよく知られていることです。
また、従来、男性の薬物乱用は生まれてくる子どもへの影響はないと考えられていましたが、最近の研究では薬物乱用が精子にも悪影響を与え、生まれてくる子どもに問題が起こる可能性を否定できないといわれています。さらに、薬物乱用者は卵子、精子、胎盤を介して胎児に直接的に影響を与えることに加え、家庭環境の問題などから、次世代にも大きな影響を及ぼします。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部薬務課麻薬指導班

電話番号:043-223-2620

ファックス番号:043-227-5393

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?