サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 相談・問い合わせ > よくある質問 > ダイエットや勉強に効果があると聞きましたが、本当ですか。

更新日:平成28(2016)年9月7日

ダイエットや勉強に効果があると聞きましたが、本当ですか。

質問

ダイエットや勉強に効果があると聞きましたが、本当ですか。

回答

覚せい剤などの薬物がダイエットや勉強に良いというのは間違いです。
覚せい剤を乱用すると数日間食欲が無くなる時期がありますが、その後過食期になり、食欲が異常に進んで日ごろの何倍も食べてしまいます。そのために過食と嘔吐を繰り返す過食症になり苦しみます。覚せい剤がきれると過食になるため、覚せい剤が止められなくなり、依存症に陥り悲惨な状況になります。最近では、こうした悪循環の末に、自傷行為や自殺するなどの問題が発生しています。
次に、覚せい剤などの興奮作用をもつ薬物を乱用すると、夜も寝ないで仕事ができると考えられていた時期がありました。しかし、薬物による不眠は、神経の緊張を過度に高めているので、イライラし、被害妄想も生じやすくなります。したがって、自分では能率が上がっているつもりでも、客観的に見ると、誤りやミスが多く、仕事や勉強の能率が低下していることが多いのです。
また、覚せい剤がきれるとぐったりと疲れ、寝てばかりいる嗜眠期が数日間続きます。その時の沈んだ気分が不快で覚せい剤の乱用を繰り返すことになります。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部薬務課麻薬指導班

電話番号:043-223-2620

ファックス番号:043-227-5393

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?