サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 相談・問い合わせ > よくある質問 > 一度だけなら薬物を使用しても大丈夫なのではないですか。

更新日:平成28(2016)年9月7日

一度だけなら薬物を使用しても大丈夫なのではないですか。

質問

一度だけなら薬物を使用しても大丈夫なのではないですか。

回答

薬物乱用はたった一度でも危険です。
1回だけ試してすぐ止めるつもりで薬物を乱用しても、薬物の依存性のために繰り返して使用するようになり、深刻な薬物依存症に陥る危険性があります。薬物依存症の患者の大部分が最初は一度くらいなら大丈夫と思って、薬物に手を出した結果なのです。薬物依存が進むと、乱用時の良い気分を感じにくくなり、被害妄想、イライラ、気分の落ち込みなど、悪い症状ばかりが出るようになります。しかし、依存症のために薬物を止められず、乱用し続けてしまいます。身体依存が形成されると、薬物を止めた直後に禁断症状が出て苦しくなるため、薬物を断つことができなくなります。
薬物によっては、1回の乱用でショック死したり、恐ろしい幻覚や妄想などの精神病の症状がでることもあります。薬物の依存性は想像以上に強烈で、一旦依存症になると人間の意志ではどうしようもなくなります。したがって、「一度だけなら」との薬物の誘惑に負けないよう、強い意志をもつことが賢明です。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部薬務課麻薬指導班

電話番号:043-223-2620

ファックス番号:043-227-5393

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?