サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 相談・問い合わせ > よくある質問 > 乱用される危険のある薬物には、どんなものがありますか。

更新日:平成28(2016)年9月7日

乱用される危険のある薬物には、どんなものがありますか。

質問

乱用される危険のある薬物には、どんなものがありますか。

回答

乱用される薬物は私たちの脳(中枢神経)に影響を与え、脳を興奮させたり抑制したりして、多幸感、酩酊や幻覚などをもたらす作用があります。
乱用される薬物には、次のようなものがあります。
・覚せい剤(エス・スピード・シャブ)
・大麻(マリファナ・チョコ・ハッパ)
・MDMA(エクスタシー・エックス・バツ)
・コカイン(クラック・コーク・スノー)
・ヘロイン(チャイナホワイト・ペー)
・LSD(L(エル)・アシッド)
・向精神薬(青玉・銀ハル・金ハル)
・シンナー、有機溶剤(アンパン・ジュントロ)
・危険ドラッグ

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部薬務課麻薬指導班

電話番号:043-223-2620

ファックス番号:043-227-5393

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?