サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 相談・問い合わせ > よくある質問 > 400ml献血と成分献血を勧められるのはなぜですか。

更新日:平成28(2016)年9月7日

400ml献血と成分献血を勧められるのはなぜですか。

質問

400mL献血と成分献血を勧められるのはなぜですか。

回答

輸血を受ける患者さんにとって、なるべく少人数の献血者の血液を使用する方が血液を介する感染の危険性も少なく、体への負担が軽いことが分かっています。つまり、400mL献血の場合や、血小板又は血漿を採血する成分献血は、患者さんにとってより安全であるといえます。
また成分献血では、体の中で回復するのが遅い赤血球成分は献血者に返すので、献血者にとっても体の負担が軽いのです。
なお、400mL献血は、男性は17歳、女性は18歳から、成分献血の場合は、男女ともに18歳から可能です。400mL献血と成分献血のご協力をお願いします。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部薬務課企画指導班

電話番号:043-223-2614

ファックス番号:043-227-5393

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?