サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 相談・問い合わせ > よくある質問 > QA(くらし・福祉・健康) > QA(健康・医療) > なぜ「かかりつけ薬剤師・薬局」を持つと良いのですか。

更新日:平成29(2017)年11月13日

なぜ「かかりつけ薬剤師・薬局」を持つと良いのですか。

質問

なぜ「かかりつけ薬剤師・薬局」を持つと良いのですか。

回答

患者さんがいくつもの病院、診療所にかかっているときでも、日頃からかかりつけとなる薬剤師・薬局で調剤を受けることで薬の重複投与(※1)や薬の相互作用(※2)による副作用などの健康被害を未然に防ぐことができます。
また、病院等から処方される薬のほかに、一般用医薬品や健康食品を使用するときなども、患者さんや家族の体質や今まで服用した薬を把握しているので安心して相談できます。
※1:複数の医療機関を受診したときなど同じような薬が処方される場合があり、二重に薬を飲む場合があります。
※2:複数の薬を飲む場合に、薬の種類によっては、作用が強くなって副作用が出たり、弱くなって薬が効かなくなったりする場合があります。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部薬務課企画指導班

電話番号:043-223-2614

ファックス番号:043-227-5393

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?