サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 相談・問い合わせ > よくある質問 > QA(くらし・福祉・健康) > QA(健康・医療) > むし歯予防には、フッ化物が有効だと聞きますが、フッ化物にはどんな作用があるのですか。

更新日:平成29(2017)年11月9日

むし歯予防には、フッ化物が有効だと聞きますが、フッ化物にはどんな作用があるのですか。

質問

むし歯予防には、フッ化物が有効だと聞きますが、フッ化物にはどんな作用があるのですか。

回答

歯垢(プラーク)の中の細菌がつくる酸によって歯が溶かされる病気をむし歯といいます。
むし歯予防には、フッ化物の利用が効果的です。フッ化物の作用は、主に3つあります。1つめは、歯の表面のエナメル質を構成する結晶にフッ素イオンが取り込まれ、酸に溶けにくい歯に変わります。2つめは、再石灰化作用があり、ごく初期のむし歯の回復を助けます。3つめは、歯垢の中にフッ化物がとどまり、細菌の活性をおさえて、酸をつくらせないようにします。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部健康づくり支援課食と歯・口腔健康班

電話番号:043-223-2671

ファックス番号:043-225-0322

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?