サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 相談・問い合わせ > よくある質問 > O157に感染しないために、何に注意すればよいですか。

更新日:平成27(2015)年7月16日

O157に感染しないために、何に注意すればよいですか。

質問

O157に感染しないために、何に注意すればよいですか。

回答

O157は、夏~秋季に多く発生し、食品を媒介とする感染症であることが知られています。一般的な注意事項は、食中毒予防の注意事項と共通性があります。
1 調理の前、食事の前や用便後に、よく手を洗う。O157は、少量の菌でも感染する感染力の強い菌です。
2 生肉に使用した包丁・まな板で他の食品を調理する場合は、十分に洗浄・消毒をする。
3 加熱調理する食品は、十分(中心温度75℃で1分間以上)に加熱する。
4 焼肉の場合、生肉を焼くハシと食べるハシは別々のものを使う。
5 患者便を処理する場合は、ゴム手袋等を使用し、衛生的に処理する。特に下痢をしている乳幼児のオムツ交換時の汚染に注意する。
6 患者は、シャワーの使用が望ましいが入浴する場合には、一緒の入浴やタオルの共用を避け、患者入浴後の風呂に乳幼児や高齢者を入浴させることを避ける。
7 患者が使用した下着等は、他の家族のものと別に家庭用漂白剤につけてから洗濯し、天日で十分に乾かす。

問い合わせ先
疾病対策課
感染症予防班
電話 043-223-2665 2691

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部疾病対策課感染症予防班  

電話番号:043-223-2691

ファックス番号:043-224-8910

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?