サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 相談・問い合わせ > よくある質問 > 女性はなぜ骨粗鬆症になりやすいのですか。

更新日:平成29(2017)年7月29日

女性はなぜ骨粗鬆症になりやすいのですか。

質問

女性はなぜ骨粗鬆症になりやすいのですか。

回答

女性は生まれつき骨格が小さく筋力も弱く、また妊娠や授乳期などカルシウムを大量に必要とする時期があります。

さらに閉経期を迎えると、卵巣からでる女性ホルモンの「エストロゲン」の分泌量が急激に減少します。

エストロゲンは骨の吸収を抑制する作用がありますので、これが欠乏すると骨粗鬆の状態になります。

このため、現在の骨粗鬆症の判定基準によれば、50歳以上の女性の約24%がこの病気になるといわれています。

一方、男性ではあまり心配はなく、多くは80歳をすぎないとなりません。

問い合わせ先:健康づくり支援課
電話:043-223-2659

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部健康福祉指導課企画情報班

電話番号:043-223-2607

ファックス番号:043-222-6294

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?