サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 相談・問い合わせ > よくある質問 > 急に意識がなくなったときは、絶対安静で動かしてはいけないのですか。

更新日:平成29(2017)年7月29日

急に意識がなくなったときは、絶対安静で動かしてはいけないのですか。

質問

急に意識がなくなったときは、絶対安静で動かしてはいけないのですか。

回答

昔はよく、「絶対安静にしていたから助かったのだ」などと言われたものです。
しかし、現在の救急体制を考えれば、自宅で不十分な設備の中で医療を受けるよりも、なるべく早く設備の整った病院で医療を受けた方が、ずっと安全だと言えます。意識がなくなるということは病気の中でも非常に重症な徴候であることを意味しますから、一刻も早く救急車を呼んで病院へ運んでもらうことが必要です。

相談先:千葉県医療安全相談センター
電話:043-223-3636

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部健康福祉指導課企画情報班

電話番号:043-223-2607

ファックス番号:043-222-6294

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?