サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 相談・問い合わせ > よくある質問 > QA(くらし・福祉・健康) > QA(健康・医療) > けいれんが起こったときはどうすればいいのですか。

更新日:平成29(2017)年11月8日

けいれんが起こったときはどうすればいいのですか。

質問

けいれんが起こったときはどうすればいいのですか。

回答

あわてる必要はありません。大部分の発作は5分以内に自然に止まります。その間にできることは舌を噛まないようにすることと、もし吐いた時に吐物が気管につまらないよう顔を横に向けることです。あわてて指を口の中に入れたりすると非常に危険ですので注意してください。

発作が止まっても意識が戻らない場合や、いったん止まっても、またすぐ再発するときは救急車で病院へ連れて行ってください。初めての発作の場合も病院へ行って検査を受けた方が良いでしょう。何度か発作を起こしていて、抗けいれん剤も服用しているときは、次の内服を少し早めにして、なるべく早い機会に主治医に連絡をしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部健康福祉指導課企画情報班

電話番号:043-223-2607

ファックス番号:043-222-6294

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?