サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 相談・問い合わせ > よくある質問 > 胃潰瘍で通院中ですが、血を吐いたら手術が必要なのでしょうか。

更新日:平成29(2017)年7月29日

胃潰瘍で通院中ですが、血を吐いたら手術が必要なのでしょうか。

質問

胃潰瘍で通院中ですが、血を吐いたら手術が必要なのでしょうか。

回答

血圧が下がる、意識を失うなど、大量の出血によるショック症状を伴う場合は緊急処置が必要です。しかし、内視鏡による治療が普及した現在、緊急手術となるような胃潰瘍の症例はほんの僅かです。

点滴や輸血で、全身状態を良くしつつ、胃内視鏡を行います。活動性の出血がみられたり、出血していなくても、出血しそうな露出血管がみられた場合は、内視鏡的に止血術を行います。具体的には、クリップにより血管をはさんだり、HSE(高張ナトリウム・エピネフリン)という止血用の薬剤を局注して出血を止めます。

それでも、出血がコントロールできない症例には、緊急手術を行います。

止血さえできれば、投薬を中心とした内科治療が主体となります。したがって胃潰瘍の出血に対しての外科手術は、最後の手段であり、手術なしで治癒する可能性はかなりあります。

詳しくは、主治医またはお近くの医療機関に御相談ください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部健康福祉指導課企画情報班

電話番号:043-223-2607

ファックス番号:043-222-6294

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?