サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 相談・問い合わせ > よくある質問 > QA(くらし・福祉・健康) > QA(健康・医療) > 子供がポットを倒してお湯を浴びてしまいました。どうしたらよいのでしょう。

更新日:平成29(2017)年11月6日

子供がポットを倒してお湯を浴びてしまいました。どうしたらよいのでしょう。

質問

子供がポットを倒してお湯を浴びてしまいました。どうしたらよいのでしょう。

回答

 電気ポットでは100℃に近い熱湯が入っており、これを浴びれば、当然、熱傷を受傷します。あわてて衣服を脱がせようとすると、皮膚が衣服とともに剥がれてしまいます。しかし、熱傷部分はできるだけ早く冷却することが大切です。局所的な熱傷(例えば手あるいは足一本程度)では、水道水を流し、この下で30分程度冷却してから、直ちに医師の診察を受けてください。

 頭部、顔面、胴体などの大きな熱傷は、冷却することは困難で無理に冷却すると体温も下がってしまい、かえって状態を悪化させることがあるので、衣服の上から熱傷部位に氷を包んだタオルで冷却しながら、直ちに治療を受ける必要があります。子供は皮膚が薄いので、深い熱傷になりやすく、できるだけ早期の冷却及び治療が大切です。

 生活を彩るテーブルクロスは、つかまり立ちをするくらいの子供には危険です。テーブルクロスごと倒れてしまうことがあります。その上のラーメン丼を頭からかぶって大やけどをした例も経験しました。

相談先 千葉県医療安全相談センター 電話:043-223-3636

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部健康福祉指導課企画情報班

電話番号:043-223-2607

ファックス番号:043-222-6294

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?