サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 相談・問い合わせ > よくある質問 > 幼児肥満はどう管理していったらよいですか。

更新日:平成29(2017)年7月26日

幼児肥満はどう管理していったらよいですか。

質問

幼児肥満はどう管理していったらよいですか。

回答

 実際にはどうしたらよいのでしょう。その第一歩は、体重の評価です。こどもの太りすぎの評価は、大人とちがって、少しめんどうです。標準の体重が、年齢や身長によって変化してしまうからです。3歳時検診の時に、評価してもらうのが良いでしょう。目安としては、「太っているなあ」と思われる子は、中等度以上の肥満です。
 さて治療はというと、こどもでは必ずしも体重を減らす必要はなく、肥満の程度を改善していくようにすることです。背が伸びれば標準の体重が多くなります。注意点は、
1)一日の食べる量は少なくした上で、3食は必ず食べるようにする。おやつもあったほうがよい。ただし菓子類、清涼飲料水は減らすようにする。
2)運動量を増やす。たとえば、何かうちでできるお手伝いを探すようにするなどです。
 最後に、もっとも基本的な欲求である食欲に制限を加えることは、大変なストレスになります。ゆっくり、あせらず、親子一緒にやっていくようにしましょう。今回の話を、おかあさんの頭のどこかにいれておいて、毎日の生活が送れれば、スマートな小学1年生になれると思います。

 問い合わせ先 健康づくり支援課 電話 043-223-2659

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部健康福祉指導課企画情報班

電話番号:043-223-2607

ファックス番号:043-222-6294

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?