サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 相談・問い合わせ > よくある質問 > こどもが転んで頭をぶつけました。大丈夫でしょうか。

更新日:平成29(2017)年7月26日

こどもが転んで頭をぶつけました。大丈夫でしょうか。

質問

こどもが転んで頭をぶつけました。大丈夫でしょうか。

回答

こども達は頭をぶつけたり、物が当たったりといったけがをよく経験します。そんな時、脳に障害が起こっていないかどうかが心配であると思います。その都度、病院で診察を受ければ安心ですが、病院に行く前に、次のようなことを覚えておいてはいかがでしょうか。
まず、子供の頭のけがの主な特徴です。
子供は頭の皮膚が薄く柔らかいために、頭のけがで皮膚が切れて出血したり、大きなコブができやすいといえます。したがって、頭から血が出たり大きなコブができたからといって、けがの程度がひどいというわけではありません。また子供は脳の機能が未熟なため、頭に強く衝撃を受けると、顔色が悪くなったり、気持ち悪くなって吐いたりすることがよくあります。ですから頭を打った後に顔色が悪い、吐いたといっても、必ずしも頭の中に異常があるわけではないのです。
では、どのような症状が大切でしょうか?痛いと叫んだり大泣きをしていても、血が出たり大きなコブを作っていても、お母さんやお父さんのことが良くわかるなら、とりあえず安心です。脳に大きな損傷はないでしょう。様子をみて、経過によって病院で診察を受ければ十分です。ぐったりして動かない、声をかけても反応が乏しい、目がうつろで視線が定まらない、ひきつけを起こしたなどの症状があれば、脳が打撲により障害されていることが考えられます。すぐに病院へ急がなければいけません。
 以上をまとめると、頭にけがをした後、痛み以外のお子さんの様子を観察して、それまでできていたことをしなくなっていれば、CTスキャンなどの検査ができる病院を受診した方が良いということです。吐き気が長く続くなら、やはり病院で受診して下さい。

問い合わせ先 児童家庭課 電話 043-223-2323

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部健康福祉指導課企画情報班

電話番号:043-223-2607

ファックス番号:043-222-6294

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?