サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 相談・問い合わせ > よくある質問 > QA(くらし・福祉・健康) > QA(健康・医療) > アルコールのエネルギーは茶碗一杯分のごはんに換算すると、どのくらいになりますか。

更新日:平成29(2017)年11月3日

アルコールのエネルギーは茶碗一杯分のごはんに換算すると、どのくらいになりますか。

質問

アルコールのエネルギーは茶碗一杯分のごはんに換算すると、どのくらいになりますか。

回答

茶碗一杯分のごはん重量が約120gの場合、エネルギーは200kcalです。アルコールに換算すると、下記のようになります。

・ビール(アルコール度5%) 中ジョッキ1杯(500mL)
・ワイン(アルコール度12%)グラス2杯半(約250mL)
・日本酒(アルコール度15%)1合(約180mL)
・焼酎(アルコール度35%) 0.5合(約90mL)
・ウイスキーやブランデー(アルコール度43%)ダブル1杯(約60mL)

通常のアルコール代謝能を有する日本人において、「節度ある適度な飲酒」としては、1日平均純アルコールで約20g程度です。女性や高齢者(65歳以上)の方は、この基準よりも少ない量が適量であるとされています。
アルコールを飲むときには、急速にアルコールが吸収されないように空腹で飲まず、必ず先に食物を摂取しておきましょう。また、おつまみにはエネルギー量の高い揚げ物や塩辛いものを食べがちです。肥満や高血圧の原因にもなりますので注意しましょう。
【参考文献】
樋口進 ほか編 (2003)『健康日本21推進のためのアルコール保健指導マニュアル』社会保険研究所.

茶碗一杯分のごはんをアルコールに換算

茶碗一杯分のごはんをアルコールに換算

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部健康福祉指導課企画情報班

電話番号:043-223-2607

ファックス番号:043-222-6294

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?