サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 相談・問い合わせ > よくある質問 > QA(くらし・福祉・健康) > QA(健康・医療) > 最近よく眠れないのですが、改善する方法はありますか。日常生活の中でできる工夫があれば教えてください。

更新日:平成29(2017)年11月3日

最近よく眠れないのですが、改善する方法はありますか。日常生活の中でできる工夫があれば教えてください。

質問

最近よく眠れないのですが、改善する方法はありますか。日常生活の中でできる工夫があれば教えてください。

回答

わたしたちの身体は、日中と夜間では自律神経の働きやホルモン分泌を変えて、日中はいきいきと活動できるよう、夜間は日中の疲れをとり、全身の細胞のつくりかえを促すように働いています。さわやかな目覚めや熟睡した感覚をもたらす良質な睡眠は、いきいきとした毎日の生活リズムをつくり出し、ホルモンバランスの調整、免疫機能の向上へとつながります。質の良い睡眠をとることは健康を維持するためにとても重要です。
一口に不眠といっても、日常生活の調整によって改善するものと、医学的な治療を必要とするものとがあります。医学的な治療を必要とする不眠を睡眠障害といいます。睡眠障害には、寝つきが悪い(入眠困難)、寝ていても途中で目が覚める(中途覚醒)、朝早くに目が覚めてしまう(早朝覚醒)、よく眠れた気がしない(熟眠障害)、寝る時間がずれて昼夜逆転の生活になってしまう(睡眠-覚醒リズムの障害)など、いろいろな種類があります。
ここでは、日常生活の調整によって改善する不眠について、その生活調整の方法を説明します。

1.朝食はしっかり、夜食は控えめに。日中は適度な運動をしましょう
快適な睡眠を得るためには、適正な食習慣や定期的な運動習慣が大切です。朝食は心とからだの目覚めに重要です。夜食はごく軽くしましょう。運動習慣は睡眠を促進させます。
2.睡眠時間にこだわらず、日中元気に過ごせているかをバロメーターにしましょう
適切な睡眠時間は個人差が大きく、季節・年齢によっても変化します。日中しっかり目覚めて元気に過ごせていれば、睡眠は足りているのです。日中の活動状態を目安にしましょう。
3.睡眠前のカフェイン・アルコール摂取は避けましょう
就寝4時間内のカフェイン摂取は、入眠を妨げる傾向があります。また睡眠薬代わりの寝酒は、睡眠の質を悪くし、過剰摂取につながりやすくなります。環境づくりや自分に合った寝具を使うなど工夫してみましょう。
4.眠る前にリラックスできる方法を取り入れましょう
軽い読書、音楽、ぬるめの入浴、香り、軽いストレッチなど、自分に合ったリラックス方法をみつけて取り入れましょう。眠ろうとする意気込みはかえって逆効果です。眠くないのに無理に眠ろうとせず、リラックスする中で眠くなったら床に就く、というように気軽な考え方で取り組んでみましょう。
5.目が覚めたら日光を浴びて、体内時計のスイッチを入れましょう
目が覚めたら日光を取り入れ,体内時計を刺激しましょう。早起きは早寝に通じます。週末などの休みの日も、平日と同じ時刻で起床するよう心がけましょう。
6.午後の眠気はうまくやり過ごしましょう
長い昼寝はかえって夜間の睡眠を妨げます。昼寝をするなら、午後3時前の20~30分にしましょう。夕方以降の昼寝は夜の睡眠に悪影響です。
7.睡眠障害が疑われるときは、専門家に相談しましょう
睡眠障害は、「体や心の病気」のサインのことがあります。寝付けない、熟睡感がない、充分眠っても眠気が強いときは、要注意です。また、睡眠中の激しいいびき、足のむずむず感、歯ぎしりがある場合も、早めに専門家に相談しましょう。最近では、睡眠障害の治療を専門とするクリニックもあります。

参考資料:「健康作りのための睡眠指針検討会報告書」(厚生労働省)

問い合わせ先
かかりつけ医
最寄りの医療機関

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部健康福祉指導課企画情報班

電話番号:043-223-2607

ファックス番号:043-222-6294

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?