サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 相談・問い合わせ > よくある質問 > 最近、結核が増えていると聞きましたが、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。

更新日:平成28(2016)年9月20日

最近、結核が増えていると聞きましたが、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。

質問

最近、結核が増えていると聞きましたが、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。

回答

以前は、結核は過去の病気ととらえられていましたが、平成9年には新登録患者数が38年ぶりに増加し、その後も増加の傾向が見られます。平成11年には、厚生省(現厚生労働省)が「結核緊急事態宣言」を発表し、国をあげての結核対策に取り組んでいます。
現在では、結核に対する有効な予防方法や治療方法がありますので、早期発見、早期治療によって、発病を予防したり、感染が広がることを防ぐことができます。自分自身が結核にかからないように予防すること、また、結核にかかった場合は早期に受診し治療を受けることで、自分の体へのダメージを最小限にし、また、他の人への感染を予防していくことが大切です。

結核の感染・発病を防ぐには。。。
・バランスのとれた食事や十分な睡眠、適度な運動、ストレス解消を図り、結核菌に対する抵抗力をつけましょう。
・うがい、手洗いの習慣をつけましょう。人ごみに出かけるときや、自分自身が咳をしているときなどはマスクをつけましょう。
・結核の感染を予防するものとしてBCG接種があります。BCGは牛型結核菌を弱めた生ワクチンです。これを体に接種して、結核に対する抵抗力(免疫)をつくります。生後3ヶ月から受けることができますので、かかりつけの医師に相談してください。
・ツベルクリン反応などで感染が疑われた場合には、抗結核薬を予防的に内服して発病を防ぐ方法があります。発病した場合の治療には、2~4種類の抗結核薬を使いますが、発病前の(感染して間もない)時期は、肺の中にいる結核菌が少ないので、イソニコチン酸ヒドラジド(INH)だけで菌を退治できます。朝1回、6ヶ月間の服薬が標準です。これによって発病は50%~70%抑えられ、その効果は少なくとも10年間にわたって認められます。感染の状況や体調などによっても治療方法は変わってきますので、感染が疑われたらすぐに最寄の医療機関に相談してください。

こんなときは早めに病院を受診しましょう。
・2週間以上続く咳、痰などの呼吸器症状
・痰に血が混じる、胸が痛い
・発熱、寝汗が多い、食欲がない、体がだるい
・高齢者では体重減少

参考文献:結核予防マニュアル、財団法人結核予防会結核研究所

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部疾病対策課感染症予防班  

電話番号:043-223-2691

ファックス番号:043-224-8910

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?