サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 相談・問い合わせ > よくある質問 > QA(くらし・福祉・健康) > QA(健康・医療) > 健康診断で心臓肥大と言われましたが、どういうことでしょうか。

更新日:平成29(2017)年11月3日

健康診断で心臓肥大と言われましたが、どういうことでしょうか。

質問

健康診断で心臓肥大と言われましたが、どういうことでしょうか。

回答

心臓は、心筋という筋肉でできています。
この心筋の厚さが厚くなるのが心臓肥大です。これに対して、心臓の内腔が大きくなることを、心臓の拡大と言います。
心臓肥大は、心電図によりおおよその診断が可能ですが、正確な診断には超音波検査が必要です。胸部レントゲン写真は、心臓の大きさの判定(心拡大の判定)には有用ですが、肥大の有無の判定は難しいと思われます。
心臓の肥大は、高血圧症、心臓弁膜症、心筋症などで起こる心臓の病気の一つであり、精密検査が必要です。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部健康福祉指導課企画情報班

電話番号:043-223-2607

ファックス番号:043-222-6294

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?