サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 相談・問い合わせ > よくある質問 > 最近、視野の一部にノコギリ状の光が現れ、次第に拡大します。10分から20分ぐらいで消えますが、時にズキンズキンとした頭痛がします。どうしてですか。

更新日:平成29(2017)年7月29日

最近、視野の一部にノコギリ状の光が現れ、次第に拡大します。10分から20分ぐらいで消えますが、時にズキンズキンとした頭痛がします。どうしてですか。

質問

最近、視野の一部にノコギリ状の光が現れ、次第に拡大します。10分から20分ぐらいで消えますが、時にズキンズキンとした頭痛がします。どうしてですか。

回答

片頭痛と思われます。
片頭痛は、一般に循環障害で起こる頭痛をさしています。

ノコギリ状の光は閃輝暗点と言われているもので、この光が収まる頃に拍動性頭痛と嘔吐が始まります(古典的片頭痛)。持続は短時間から数日で、人によってまちまちです。ストレス、アルコール、強烈な刺激などが誘因となります。

治療は、CO2吸入療法やエルゴタミン製剤の投与などがありますが、最近は脳循環との関連で研究されていて、何よりも専門医による正確な診断が必要です。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部健康福祉指導課企画情報班

電話番号:043-223-2607

ファックス番号:043-222-6294

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?